わずかな期間で大躍進するIT

ITとはInformation Technologyの略語であり、日本語では情報技術と言います。
近年では特にコンピューターを活用した技術の中でもソフトウェアやハードウェアの応用的活用のことを指し示しています。
もっと端的に身近な言い方をすると、パソコンや携帯電話、スマートフォン、タブレット端末といったコンピューター機器の本体とそれに付随したサービスの技術のことです。

ITという言葉が本格的に使われるようになったのは21世紀に入った頃のことであり、21世紀の大テーマであるともいえます。
わずか20年の間に、とても予想だにしなかったIT革命が起こっています。
家庭にあることなどなかったパソコンは、今や一人一台という状況になってきています。
タブレット端末やスマートフォンのような小型で多機能な端末が登場し普及することは、20世紀には考えられなかったことでしょう。

インターネットも広まって、今やIT業界になくてはならないインフラとなっています。
ITの発展はパソコンの普及によって、パソコンをベースとして行われてきました。
しかし、現在ではインターネットが中心となって様々な技術やサービスの展開が行われるようになっています。
わずかな期間に中心となる軸すらも動いてきており、これからも新技術の開発によってパソコンやインターネットの存在を揺るがすようなIT革命が起こりうる状況にすらあるのです。